白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成28年2月8日(月) 春節  |固定リンク

 

 この時期、毎年レクサス(昔は岩田さん今は村瀬さん)に我が侭いって、雪道可能な車をかりている。性能はいつもそこそこなのだが、黒に赤の革とか、改良?というのか進化していると思う。だが、この何十年か、旅するかたがたは進化?はしていない というかそのままだった。

 でも、名古屋の会長(通称)地熱発電にもえておられて、旧知のかたがたにお会いして、茹で蟹もまっさお!である。真山さんのご著書送って頂いていま書きながら読んでいるが、地熱はいいと思う。太陽発電は悪くはないが、田舎の風景を汚している。風力も然りである。僕は、何でも極端な意見には与しない。憲法改正反対、原発反対、、、。みな冷静な判断がない。地熱も同じ過程にある。そろそろ賢くなっていい頃じゃないかな。

 蟹は美味かった、、、というか僕がかわったみたい。鰤は同じように、でもメジはなかった。富山湾入り口に暖かな海流が流れていて、魚が迂回してしまうという。渡り鳥も同じように、雪が少なく、あまり満喫出来ずにいたが、表紙の目処がついたから、思い立って蓼科で一滑りした。快晴のスキーはいいね。はじめて半日券で、昼にビール飲んでおわる。これくらいがいまはちょうどいい。今年もかわらず日本の冬を食っている。年のかわりはいいものである。久方ぶりに福森さんと、三国、金沢、氷見に行って「また会う日まで」というくらいよかった。進歩とか新しいとか言うけど、変わらずにいることはもっと大切だろうと思う。


 



  三国夕景



  レクサス内装



  尖石






平成28年2月1日(月)  |固定リンク

 

目の眼」3月号、本日発売です。特集は「戦禍をこえて 東と西をつなぐ古代美術」。年頭より九州で開催中の特別展「黄金のアフガニスタン ─守りぬかれたシルクロードの秘宝─」(四月より東京巡回。オフィシャルサイトはこちら)。文明の十字路といわれるアフガニスタンには、人類の文化発展を明らかにする貴重な遺跡と遺物が大量に眠っていましたが、長期にわたる内戦で、その多くが失われました。しかし所蔵品を守った勇気ある博物館員のおかげで、私たちは再びその輝きを目にすることができます。本特集で、東西をつなぐ中央アジアの美とその重要性を再認識します。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約