白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成26年11月11日(火)  |固定リンク

  祭りのあと


 聖マルトン、だったかな?今日はお酒のカミサマの日である。オーストリア(ハンガリーも)旧ハブスブルク帝国では、新酒のお祝いをする。フランスのボージョレーと同じこと。我が国の新嘗祭にあたる。

 7日立冬、満月の晩に伊勢神宮 別宮 瀧原の宮遷宮に参拝。詳しくは別に譲るが、遷宮とは?伊勢とは?日本とは?時代時代の解釈を重ねて今があることを実感する。権力者のご都合主義、と言い換えられるとも思う。その前日、JR東日本さんの企画で石川の白山さんにお参りする。村山宮司との対談前に高畠権宮司に境内を案内して頂く。白山信仰というのもなかなか難解で、三馬場(石川、福井、岐阜)で祭神の違いや、由緒がある。菊理姫は?と尋ねると、吉田神道っていうのがあるでしょう、神社もいろいろあったから……。なるほど。古事記や日本書紀……残された記録は大事だが、やはり個々の意思や解釈がある。どの時代もかくありたい、隣より偉く、立派に、というような人の思いはそんなに変わるものじゃない。時代の力、というものもあるだろう。僕は「隠された王者」の一つが白山だと考えている。歴史的な事実を鵜呑みするだけではなく、今残されている現場感を大切に、自分の五感をフル回転すると感じるときがある。現代まで続く壮大な物語、葬送儀礼が遷宮で、尊いことだと思っている。月末には伊雑宮のそれがある。


  遷宮の火



  宴が終わり



  翌朝
神様の朝ご飯


  新しくなった外宮



  白山別宮そばの
手取川





平成26年11月1日(土)  |固定リンク

 

目の眼」12月号、本日発売です。特集は『国宝の力―祈り、信じる 東京国立博物館「日本国宝展」を歩く』『第66回 正倉院展 天平という時代の文・治・乱』。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約