白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成25年1月18日(金)  |固定リンク

 

 「目の眼」の初仕事 東京国立博物館で開催中の「円空展」ほんとよかった。飛騨がひとつの国だと感じたし、その森のなかに佇んでいる数々の仏像……いや、やはり仏像というより神聖なる木が直立しているのだ。展示も浅見学芸員の気持ちが入っているのだろう、仁王像を中心に見せ所を考え、高さの妙があった。飛騨のお寺にあのままお戻りになって欲しい!「土偶展」も同じ会場ではあったが、見せ所はなかった。展示 大事だね。

 ちょっと考えて書こうと思 う。四月七日までと期間は長いが、なるべく早くかけつけて、五時閉館ギリギリに佇んで貰いたいと思う。


 


 





平成25年1月16日(水)  |固定リンク

 

 昨年の総選挙の結果が出てからひと月たった。僕には暗い年の瀬だった。比例票が3割しかないから、国民は自民を支持したわけではないというけど、明らかに国民は自民党に期待したのだ。原発事故で避難しているかたがたがいるのに「われらの暮らし」が大事なのである。「仕方がない」と思っているのがほとんどで、脱原発を明確にかかげた「未来」が伸びなかったのはその答えである。あんな事故が起きたのにである。僕には事故の後最初の選挙ということもあり、自身のこととして考えた。結果、無謀なことはしなかったが真剣に考えたのは事実である。

 国のかたち、あまりに過度に進んだ中央集権と、経済一辺倒の施策。もっと大事なことがあるんじゃないかと、考える人が多くいると思っていた。幻想だった。自ら変えるというより、昔に回帰する道を選んだ。民主党の負はあるけど、「コンクリートから人へ」など方向性はよかったアベノミクス、というらしいが株価があがり円安に、なんだか良いような空気が流れている。海外訪問、要人との会談や、積極的なマスコミへの対応などメッセージは多い。でも実際には何一つかわっていない。最大規模の公共事業 まだ懲りないのかと思う。無駄遣いしないなんていくら言っても、やる人は変わっていなんだ。積み上がってものをなかなか白紙にならない。きっともとの黙阿弥になる(と僕は思う)。

 だが、明治以来のシステムを変革するより、未来にツケを払ってでも「今」をどうするか?に力点がある。まったく無責任なことだ。米国との関係をダメにしたというが、安倍政権ですら米国は行方をみているのだ。彼らはこれ以上アジアを不安定にしてくれるな とメッセージを送っているのだ。だが、これから大事なアジア外交は大変だ。とくに中国。懲りない面々はむかしのことを蒸し返す。そして、高度経済成長を再び夢見る。せっかくこの大災害を機に自ら変わらねばどうする という(僕はそう思う)大事な時期に、僕はいまの政権に期待しない。船頭多し 二度目だから過去には学んでいるとは思うけど、参院までのことであろう。まあ僕は少数派ですから仕方なし しばらく黙っている。

 女正月がおわりいよいよ本格的な始動である。これは今年の僕の仕事。今日(これを書いている数時間後)解禁になるのでつぶやくことにするが、僕なりに次世代につないでいく作業をしようと思う。遷宮のように生まれ変われる日本でありたい。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約