白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成27年5月20日(水)  |固定リンク

 

 昨夜は、「パルジファル」(平成26年10月4日日記参照)に引続き、細川さんのお声がけで、「椿姫」を観劇。

 あの明るいメロディーは、ヴェルデイだと初めて知る。僕はそんな音楽音痴。だが、この前も感じたのだが、今回も舞台装置が助けてくれる。こうもり傘に、鳥が羽ばたいていて、コウモリのような守護霊が、どんな意味があるのか?踊りのなかで気になって、それが次はのっぺらぼうになり、次第に神像のように魂が感じてくる。シャンデリアより背景に目が奪われ、次はそのシャンデリアがあがって登場する場面からはじまる。代役だと言うソプラノの女性の声が圧巻なのだが、愛の交換より、背景の展開が気になって仕方がない。幕間に細川さんにそんな話しをしたら「あれはちゃんと意味があるんです」と教えてくださる。あとで資料くださるというから、受けた印象と制作者の意図との違いが楽しみである。

 最後は、赤い寝室に白い幕が垂れていて、それが「微笑みの肖像画」に、光は風となって感じるのだ。ヴィオレッタは死んでから、あの世とこの世を行き来して、アルフレードと魂の交換が続く。古事記の倭健、あの相聞歌 辞世の句を詠んでいるのと同じなんだと僕は思った。ほんとに美しい。あちらは、荘厳に、僕らはしっとりとなのだけど(多分)魂がさまよっていることにかわりはない。丸い天蓋が降りてきて、終るのだが、最後まで見えていた右上の、おぼろげな白いもの、いまはあれがなんだろうかと考えながら書いている。音楽と視覚、僕は眼の方が利くんだけど、経験で耳もついていくのか、楽しみだ。カーテンコールで、芸術監督は、同じ飯守さんとわかって、ちょっと納得した。

23、26日 残すところ二日。新国立劇場にて(公演詳細はこちら)。





平成27年5月8日(金)  |固定リンク

  唐津にて
朝から直撮りする
茂木健一郎。

 あっというまに春はいってしまった。毎月一回は、と思っていたけれどゴールデンウイークも仕事で終ってしまう。

 唐津のイベントは多くのかたがたの協力で成功したと思う。時間をかけてやった甲斐があったと思うし、毎年一回は何かやっていきたい土地だ。きっと季節季節で違う顔をみせるだろう。唐津くんち、一度はみておきたい。何よりの収穫は、茂木さんが初買いしたことだ。詳しくは彼が書くまでお楽しみ、ということだが、最初がアレとは誰も想像がつかないだろう。西都原 いいね。僕も久々、興奮したよ。豊後堂さん ありがとうございました。

 連休最終日だったので、帰りを一日延ばして、折りをみて続けている一宮巡りに。博多の住吉神社、久留米の高良大社に千栗八幡宮。佐賀の興止日女神社を駆け足で、最後に太宰府近くの竈神社へ。宝満山など新緑で、ドライブには絶好の季節であった。


  海のない住吉神社


  千栗八幡宮


  高良大社



  興止日女神社






平成27年5月1日(金)  |固定リンク

 

目の眼」6月号、本日発売です。特集は銀座。ほんとに知らない事ばかり、昼間に歩かないといけません。茂木さんの好評連載が単行本になり、これも全国書店にて発売です。連休中には唐津サイン会他イベントあります。詳細はこちら





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約