白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成22年6月28日(月)
週刊ポストに《白洲信哉 ニッポンの神仏 連載第24回 〜しとやかで美しく輝く本尊〜》が掲載されました。





平成22年6月25日(金)

 天一神社
 詳細は何号かのちの
 週刊ポストをご覧ください。

 決勝トーナメント進出おめでとうございます。3点もとれるチームだったとは恐れ入りました。

 世界の映像をみていると、観衆は首都の広場に集まって応援している。我が国はサッカーのスタジアムや渋谷の交差点という貧相な様相だ。国をあげて応援出来る場所はないのだろうか?皇居前広場において他にはないんじゃないかな?松林の道路くらい解放しないかな。まかり間違って決勝までいったときには、国をあげたものに相応しい場というものを考えて貰いたい。

 それを考える国の選挙がはじまった。サッカーの映像に比べるまでもなく、「恐怖のワンパターン」に感じるものはなにもない。さっさと投票だけは行こうと思うけど、市民運動家の政治センスのなさには呆れるばかりだ。相撲の問題も同様だ。野球賭博 というのは違法なのでしょう。やっている当人が逮捕されないで、恐喝したという容疑者が逮捕される。なんだか変だ。

 以前勤めていた細川元総理の美術館がある目白本邸には、横綱が土俵入りしたときの写真が残されている。誰だったのか定かではないが、聞いた話では、相撲の免状(横綱だけだとおもう)は、熊本の吉田司家というのが権利をもっていた。横綱に推挙されるたびに熊本まで免状をもらいに行ったという。明治の中央集権化で多くのものが東京に集中し、前出の細川家などの大名家も東京に移住し、殿様が吉田司家のその職務を代行していた時期のことだそうだ。いまの明治神宮で行われる土俵入りに近いものだと思う。詳細は不明だが大正の頃に発足した相撲協会が、全国的な組織に統合していったのであろう。

 相撲は国技というか、どこの地域でも秋祭りなどに神様に奉納したもので、神社には能舞台と並んであったものだ。相撲の免除が熊本の家に権限があったというのも、地方の文化として発展していった一つの証拠である。熊本にとってもつくづく惜しいことをしたと思うし、近代国家の合理化の名のもとに犠牲となったものがたくさんある。いまやこれだけ交通網が発達したのだから、どんどん地方に戻す運動をしないとならない。東京は経済都市であって文化都市ではないと思っている。





平成22年6月21日(月)
週刊ポストに《白洲信哉 ニッポンの神仏 連載第23回 〜「うば桜」伝説が残る古刹〜》が掲載されました。





平成22年6月20日(日)

 バーでパソコン開いて
 仕事をする賢いホームレス

 また、茂木さんに日記の種を与えてしまった。(クオリア日記本日付)。前回は下着を裏返すことが受けていたけど、賢いかたなんだが「アルファロメオってどこの車?」と真顔で聞いてくる。火山で帰国出来なくなれば、チェコからミュンヘンまでタクシーを拾う人です!。僕はレンタカーを借りるけど、人の思考というのは多様である。アルファはなくならないけど、ITの機器なんてすぐ消えてなくなるので、その名前なんてあまり意味があることだとは思わない。まあ、これも同じ理屈だから、反論しても仕方ないけど、なにか言わないと、かれが普通だと思う人が増殖するのはいかん。あるかたが「かしこいホームレス」と命名したとそうだが、「ある一面はかしこいホームレス」であろう。

 でも食事をしていて、「ちょっとトイレにいってくる」と言ってなにかをわしづかみにして出て行ったら、青い22番のユニホームに着替えて帰ってきた。誤解あるといけないので言っておきますが、僕は負けることを予言しているのではなく、応援して負けると本当に悔しいだけなのです。そういう真剣さがちと足りないと思う。

 ワールドカップの年に英国にいたことがあった。ドイツ(確か)との決勝でイングランドは敗北したんだが、負けたとたんパブのなかは「しーん」となって、滞在していたヨークの町から人が消えた。応援する一種の覚悟があるんだと思った。 でも、今度のデンマーク戦はちゃんと応援しますから、(いい年してユニホームまで着る勇気はないけど)子どもっぽい行動はかれの美徳だから、それについては言う事がないです。いまは「たにがわ」に乗れたことと、稲妻に打たれないことを祈念しています。





平成22年6月18日(金)

 藤白峠
 地蔵堂

 ポストの取材で和歌山、奈良、京都を巡りもどる。今回はブヨの襲撃はなかったが、梅雨の合間となり天候に翻弄される。熊野古道の入口にある巨大なお地蔵さま、状態も非常に良好だった。桜井の石位寺の見事な白鳳仏。区長の森本さんほか村のかたの愛情が伝わってきた。お土産の三輪そうめんも美味かった。

 談山神社の長岡宮司に天一神社までご案内頂く。前先生とも御懇意でいらしたそうで、これからいいご縁につながれば嬉しい。翌日は柳生、当尾辺りを周回したくさんの石仏を拝むことができた。春日の後戸に弥勒の信仰が隠れている。「石」を考えるのにもここは外せない地域であろう。

 帰路、一元堂さんと合流し、旧知の神山繁さんにお会いする。骨董の世界では大先輩だが、「欲望」というものに衰えを感じない。手入れがいきとどいた庭もなかなか。恐れ入りました。奥高麗は「天下一」にぴったりでした。次回は手土産持参するので、「土産」を宜しくお願いしたいと存じます。

 これから福森さんが来る。今週は酒つけの日々である。


 石位寺
 


 天岩立神社
 


 岩船寺
 


 大門峠
 磨崖仏





平成22年6月7日(月)
週刊ポストに《白洲信哉 ニッポンの神仏 連載第22回 〜一遍上人の声が聞こえてくるよう〜》が掲載されました。





平成22年6月6日(日)

 昭和新山
 

 菅直人さんが総理大臣になった。旧知の樽床さんが対抗馬になったのには驚いた。内容のない演説にはちょっと閉口するけど、彼らしい浪花節に好感をもつ。日本新党には、「国のため」とかいいながら、向上心の塊のような人たちが沢山寄ってきた。そしてそれを踏み台にして次へと渡っていく。それは仕方ないことにしても、樽床さんは最後までご一緒した数少ない人だ。「義」なんて時代遅れのことなのかもしれないが、僕は大切なことだと思っている。しかめっつらしたどこかの大臣や、細かなことを論理的に議論して(たいしたことしていないのに)、自分が一番偉いと思っているような奴らは頭くる。

 相変わらず小沢さんは人気ないけど、あのくらいの強面がそのうち懐かしくなると思う。四億円の原資が不明で処理が変だそうだが、クリーンなんて政治に求めることが不可能、いや世の中クリーンなことばかりで成立していなことはみんなが分かっていること。問題は税金を不正に使ったり、贈収賄があったりすること。法治国家なのにちっともそうではない。空気に流されるのは日本流だとは思うけど、我々が政治家に払い続けたコストを、もう最後を迎えている悪役に託してもいいんじゃないかな。「日本改造計画」なかなかの名著ですよ。これからどうなっていくかわからないけど、この党はこれで打ち止めかもしれない。「くさいものに蓋」をして、見かけをいくらよくしても、意味のないことだと思うし、その弊害だってあろう。可も不可もない「なんだかよさそう」な子どものような政治家が多いのは、「国難」とかいうけど、現状はそうでないことの証明なのかもしれない。

 今日はこれから京都日帰りしてくる。

 6月6日に雨が降るという歌が子どもの頃にあった。今日はいい天気のようだが、毎年この日にその歌を思い出す。でもなんの歌誌だったかは思い出せない。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約