白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成25年4月30日(火)  |固定リンク

  ハバナクラブ

 ゴールデンウイーク 良かったらキューバに行きませんか?高木さんからお誘いがあった。葉巻、ラム、カストロ、ヘミングウエイ……。さっと思いつくことがあって、また欧州出張がなくなりそうなこともあり「行きます」と即答した。そんなこともなければ行く機会もないとは思ったけど、「キューバは人生がかわりますから」と高木さんは付け加えた。

 トロント経由長旅ののちにハバナ空港に着いた。同行のアントニオ古賀さんに、「キューバなどうですか」と聞かれる。街が暗いくらいしか思い当たらなかったが、その意味があとでわかる。翌日世界遺産のなんとか渓谷に。まあ、どの国もそのレッテルが欲しいようだが、僕はその言葉に惑わされることはなくなった。これは好き嫌いもあるので、ただの感想だが、この国には「そんな暇があったら」ということが夜にある。

 10時にロビー集合。「この国の良さは日をまたがないとわからないです」と断定的な古賀さん。新市街のライブハウスで随分と待たされたが、トランペット奏者の音、いや全体に魅了される。古賀さんの言うとおり、日がかわると舞台のボルテージはあがり、いい雰囲気になる。

 僕は右の耳が難聴なので、どうも人の話を聞くことも好まないが(これは性格的な部分が大きいのだとは思うけど)音楽も、「聞こえている」というレベルだった。だが、昨晩は違った。聞いているのではなく、感じている。音ではなく奏者の魂のようなもの なんと言ったら良いのだろうか?そのあとホテルに戻り、ラムを飲みながら、古賀さんが「音はみるもの、モノはきくもの」なんですよ。と言われて僕ははっとした。あのとき空港で言われた意味もなんとなくつかめた。何となく漂っているもの それが大事だと言っていたのだと思う。僕は普段古美術を見ているけど、あれはそのむこうの声を聴いているんだ。だからそのように音に接したら、ジャズは違うものとなって僕の目の前の現れた。も う音が聞こえているのではなく、彼の全身からの魂が部屋全体にこだましている。あれは音ではない。しいて喩えるなら神主さんがお祓いをするあの感じだ。

 明日はもっとすごいエンターテイメントをおみせしますから、と古賀さんと高木さん これを書いている一時間後にある。へへ。


  ある時計店の椅子


 


 


 


 





平成25年4月1日(月)  |固定リンク

 

目の眼」5月号が発売されました。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約